2010年05月13日

<法政大高>元教諭2人書類送検 修学旅行中に体罰(毎日新聞)

 東京都三鷹市の法政大学高校(榎本勝己校長)の男性教諭2人が今年1月の修学旅行で、禁じられていた携帯電話やゲーム機を持っていたなどとして男子生徒に体罰を加えた問題で、警視庁杉並署は11日、元体育科の教諭(28)を傷害と器物損壊容疑で、元国語科の教諭(35)を暴行容疑でそれぞれ書類送検した。2人は2月に懲戒解雇されている。

 元体育教諭の送検容疑は、1月16〜17日、修学旅行で訪れた北海道のホテルで、高校2年の男子生徒2人(いずれも当時17歳)の顔を殴りけがをさせ、うち1人の生徒の携帯電話を壊したとしている。また、元国語教諭ははさみで2人の髪を切ったとしている。2人は容疑を認め「行き過ぎた、間違った指導だった」と供述しているという。

 法政大学は「生徒や保護者にご迷惑をかけ、改めて深くおわび申し上げます。今回の件を重く受け止め、再発防止に努める」とコメントした。【内橋寿明】

【関連ニュース】
名古屋市教委:不祥事が相次ぎ、服務手引を作成 /愛知
米子の養護施設体罰:県が改善勧告 /鳥取
はねこ踊り:伝統の郷土芸能、石巻・桃生中の3年生63人が修学旅行で披露へ /宮城
解雇無効訴訟:元寮館長の「解雇無効」 長崎日大学園側に命令−−地裁 /長崎
県教委:情報流出や体罰、校長と教諭処分−−長崎、西海の中学 /長崎

<辻食文化賞>奥村彪生さんの著作など受賞(毎日新聞)
生物の多様性損失は人類の危機…国連報告書(読売新聞)
味わう喜びを 寝たきり患者に“おいしい”流動食 乳業メーカー開発、現場も評価(産経新聞)
<口蹄疫>宮崎の2市町で新たに確認 35例目(毎日新聞)
伊藤整文学賞に高橋、宮沢両氏(時事通信)
posted by タカヤ タダハル at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。